通販でとても痛かった事

通販で音楽CDを購入した事がある。何度も利用しているので、いつものように注文をしたら、タッチの差で売切れてしまった。残念だ。しょうがないのでまた購入したくなるときまで、待つ。ある日、弟が通販を使ってCDを購入していた。弟がよく聴くのは洋楽で、海外から購入しているらしい。そんな通販サイトもあるのか、と思いながら私は弟が購入するのを後ろから眺めていた。「海外で買うから、かなり連絡が遅いんだよね」と言っている。日本では手に入らないのか聞いてみたら、日本では発売されていないから、と返ってきた。それなら仕方ないか、と私は肩をすくめた。そして数日後、弟がぷりぷりしているのでどうしたのかと声をかけたら「まだ連絡が来ない」と怒っている様子だった。さすがに海外、おおらかなのか。それともアバウトと言ったらいいのか。呆れていたら先に商品が届いたらしい。お金も後で払って無事に終わったそうだ。ほっとした。通販で痛い、と思ったことはいろいろある。衣料品を購入したら、服の色が違うとかサイズが違うとか、通販が当たり前になる前の時代にはよくあった事だ。今ではそうしたミスは即クレームになって、通販の世界から退場を申し渡される事になるのでお店側も相当気を使っていることだろう。けれども、ミスは起こるときは起こってしまう。そんなときに、お店も使う側もどう対応していくかが、このときの痛みを減らす鍵なのだろうなと思うのだった。

着物買取のことなら福ちゃんへ

税理士 大阪 報酬

タクシーの乗務員募集・求人サイトです。

立川の賃貸アパートを見てきました。

【賃貸物件】府中市内でお探しの方必見!超お得物件目白押しです!